HAIR PRODUCE
Esprit
― Hair salon of healing ―
― Esprit Blog ―
■カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

■スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
( --/--/-- --:-- ) Category スポンサー広告 | トラックバック(-) | --> コメント(-)

■2シャンのすすめ!! 

普段皆さんはどのようにシャンプーされてますか?

1、シャワーでしっかり髪や地肌のホコリやワックスや皮脂をおとしてからシャンプー!!

2、髪をまんべんなく濡らしてシャンプー!!

3、洗わない!!

いずれかに該当すると思います。 ちなみに一番いいのは 1 です。
2 と何が違うの?と思うかたがいらっしゃると思います。

ズバリ!! 髪にかかる負担とシャンプーの節約につながります。

シャワーのお湯だけでも髪の汚れの6割は洗い落とせます。 あとの4割は油性のワックスとクレイワックスなど髪への吸着力が強いもの毛穴に詰まっている皮脂などです。

まずなぜ髪への負担が減るかと言うとシャンプーを髪につけてからの時間短縮になるからです。
以前こちらに書き込んだのですが、シャンプーには洗浄力が強いのとそうでないのがあります。
経験された方もいるかもしれませんが、飲食店などの食器を洗う洗剤は食器を洗う時間を短縮するため油汚れもサッと落とせる洗浄力が強いものを使用しています。
早く洗えて良いのですが、反面、手が荒れてしまうのです。

シャンプーも洗剤も汚れを落とすと言う面で同じようなものなのです。
(同じと言っても食器洗剤で髪は決して洗わないでください。以前いいともで工場で使用するような超強力な洗剤で髪を洗ったと言う方の髪は25歳という若さでほとんどなくなってしっまてました。)

ここで言えるのが洗浄力は髪や皮膚(タンパク質)の負担に比例するのです。


市販のシャンプーは髪を洗ったすっきり感をもとめるためサロンユースのシャンプーに比べて洗浄力は強くなっています。 汚れは確かに落とすのですが髪の中の栄養や頭皮の油分を過剰に落としてしまうものもあります。 高めの洗顔料をお使いの方はお気づきになったとおもいますが、高めの洗顔料で洗ったあとは毛穴の黒ずみもしっかり落ちているのに肌が突っ張らないんです。 これは洗浄力が弱めなのでしっかり(長い時間)洗えるうえ、肌の油分を過剰に取り過ぎることがないからです。

過剰に肌から油分をとってしまうと肌は取り去った油分より遥かに多量の油分を毛穴から排出してしまうのです。なので顔が必要以上にテカテカになってしまうのです。

ここまでで解かるのが髪を洗う際に一番いいのは、洗浄力が弱めのシャンプーでじっくり洗ってあげることなのです♪

次にシャンプーの節約についてですが、簡単です。 シャワーでだいたいの汚れを落としているので使用するシャンプーの量が減るということです。

最後に2シャンというのはシャンプー⇒流す⇒再度シャンプー⇒しっかり流すということです。
一回目のシャンプーでシャワーで落としきれない髪についた汚れと頭皮の脂を泡がなくなるくらいまで洗います。(このとき泡がもこもこになるくらいまでシャンプーを使う必要はありません!!1プッシュもしくは半プッシュで大丈夫です。 髪の量や長さによってシャンプーの使用量は違います) 注)サロンではお客様に洗っていると解っていただくため泡もこもこにします。

次に泡を落とす程度に流す。

2回目のシャンプーは頭皮に詰まった汚れをおとすイメージでしっかりまんべんなく洗って下さい。(1プッシュくらいでいいです。)

最後は毛穴に残ったシャンプーをしっかり流して下さい。

長文でごめんなさい

一度試してもらえたら光栄です。
( 2009/03/24 11:31 ) Category お客様 | コメント(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。